本日は、クレンジングフォーム オリーブ&ラベンダーをご紹介します。

こちらのクレンジングフォームは「植物由来の界面活性剤」の働きで、肌の潤いはキープしたまま、メイクや角質、水性の汚れも落としてくれるというなんとも安心できるクレンジングフォームです。

乾燥肌の方には洗顔フォーム系って苦手なもののひとつですよね。はじめて使ったときに合わないものにあたってしまうと、なんとなく肌がつっぱりがちな気がしてその後まったく手をつけられなくなるというトラウマ・・・アイテムに関わらず、苦手なものは何十年経っても再トライできない。そんな思い出があるのではないでしょうか。

私も少なからずその類で、クレンジングをよく洗い流してスキンケアか、またはクレンジング自体を化粧水で拭き取りしてそのまま次のスキンケアアイテムに移行という形をとっていました。

クレンジングフォームは久しぶりの挑戦だったのでしっかりレポートしたいと思います。

テクスチャーは、ポンプで出てくるのでかなりゆるめなため、泡立てのときの労力があまりいりません。ぬるま湯を少し加えて軽く手のひらをなでながら空気を含むように泡立てると、かなり細かい泡が作れました。

肌への刺激対策は、良いアイテムを使うだけではなく、正しい力加減で正しい量を使うことも大切です。

敏感肌と感じる刺激は化学的な成分に対しての刺激の他、顔を拭くタオルなどの摩擦による物理的刺激も要因のひとつとしてあげられることがありますからね。

メイクのチップやパフの使い方をお化粧室で見ていても、正しい力でできている方は全体の1割ほど。ほとんどの方が力を入れすぎです。

洗顔の時にも、もう自分の手は直接お肌に触れないくらいしっかりと泡立てたクレンジングフォームを多めにのせて、泡をころがすためだけに手を動かして、指そのものでメイクに触れて汚れを落とすのではなく、転がした泡でメイクを浮き上がらせて洗い上げるイメージにしてくださいね。

この時にはっとするのが、オリーブ&ラベンダーの香りの清々しさ。APIVITAはハニーやお花のアロマがステキなブランド。甘めで優しいタッチの香りのアイテムが多い気がしていましたが、とても爽やかな香りで、すごく汚れが落ちそうな気分になります。笑

朝の洗顔にももってこい。すっきりして目が覚める香りなんですね。なんだか嬉しすぎて首やデコルテ脇の下・・・とボディソープのように全身洗いたくなってしまうアイテムです。

洗いあがりにタオルで水気をとった後もお肌の砂漠感を感じません。メイクもしっかり落ちていて、不思議です。植物由来の界面活性剤だからこそ、お肌に優しい、ということと汚れ落ちの良さが両立できるのですね。お肌も心なしかふんわりとした感想です。

APIVITAの製品が気になっている皆さんはすでにナチュラルメイクだったり、ナチュラルコスメでのメイクをお楽しみかもしれません。最近のメイクは石鹸やお湯でオフできるものもかなり多くなったと感じていて、このクレンジングフォームともマッチしますね。

久しぶりの洗顔体験でしたがお肌が一皮向けたようなスッキリ感があり、スキンケアに気合を入れたくなりました。この後に洗い流しのパックライン、 express beautyを使ってお手入れすると浸透が良さそうな気も。どれにしようかな?